奇妙な夢のメモ

昔から時々見ていた夢。
「色々な特殊能力を持った者達が、お互いの願いを叶えたあと、役目を終えたように姿を消してゆく」
微妙にメルヘン入ってるかもな雰囲気の世界の夢。
この夢を見ても、起きたあとすぐに忘れてたんだけど、3日ほど前に見たときは珍しく憶えてた。
起きた瞬間「なんであの夢を何度も見てたこと忘れてたんだろ?」って本気で考え込むほどw

今回の夢のポイントはふたつ。
1.能力者達の「力の源」とでも呼ぶものが、何か悪い影響を受けた具合。「力の源」を交換する能力者達が多発。
2.大地震を予知した能力者がいる。

大地震予知なんて最近じゃ毎日のように出てる話なんだけど、まぁ憶えてること書くと下記の通り。
「夜、墨を流したような気持ち悪い空。南西の方角に見え隠れする月。月の形は明確には見えない。怯える予知能力者の「力の源」が悪い影響を受けたとき特有の黒に染まり、衰弱してゆく」
……といった感じかしら。

ま、災害対策用品のチェックでもしとくか。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

森宮 裕


Author:森宮 裕
気がつきゃ人生ネタ街道な日々
(何か問題てんこ盛りな感じで)


カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
カテゴリー
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Twitter

同人 同人誌 ノウハウ InDesign 小説