【森宮家の台所】UNLIMITED BIRYANI WORKS.

ちょっとうそビリヤニ

ちょっとうそビリヤニ

ほんとビリヤニには作り方の時点で劣るけど、バスマティライスやスパイスを安く入手しやすい場所に住んでるなら「一人暮らしでも食べ切れる量の、雰囲気だけは本格的っぽいビリヤニ」を普段のメニューに組み込めそう。
……そんなコンセプトの森宮レシピ。
一応バスマティライス使って炊いてるんで「ほんとビリヤニ」に近いけど、色々手抜きしてるので「ちょっとうそビリヤニ」です。
(6月19日に第1回新大久保エスニック食材探索ツアーしてきた戦利品使用)

【前提】
・薄味に仕上げたカレーというか野菜と肉のカレー和えを、しこたま作って小分け冷凍しています。じっくりコトコト煮てカレールウで味付け。

【材料】
・カレー 1食分
・☆マスタードシード 大さじ1
・☆カレーパウダー 小さじ2
・☆ケチャップ 大さじ1
・☆醤油 大さじ1
 ※☆のスパイスや調味料はカレーの味で調節
・オリーブオイル 適量
・バスマティライス 1合
・塩 大さじ1

【作り方】
1.オリーブオイルでマスタードシードとカレーパウダーを炒める。マスタードシードが弾けて飛ぶので、フタをしながら炒めると安全。
2.カレーを投入、味見しながら醤油とケチャップを入れる。ここでヨーグルトを入れるのもよし。
3.塩を入れた熱湯でバスマティライスを6分茹でて湯切り→カレーの鍋に投入して混ぜる。
4.フタして弱火で5分、ひっくり返すように混ぜて、さらにフタして弱火で10分。
5.味見していい感じだったら、蒸らし15分。
6.器に盛り付け、仕上げにバジルを軽くパラッとな。1.5〜2食分くらい完成。

バスマティライスの茹で時間は、カレーの水分量や粘度で調節すると良さげ。
普通のレトルトカレーとか使うと、粘度高くて上手く仕上がらない可能性あるかもです。

……ふかふかパラパラ食感、一発でここまで上手くいくとは思わんかったw
去年からインディカ米を時々食べてたから、特性や茹で加減を直感的に判断できる程度には把握してたのかもしんない。

【森宮家の台所】甘酒実験室 ※03/15 追記

【森】甘酒――私の2016年は、日本に古くから伝わる飲み物と共に始まった……。
【K】……遠い目して浸ってるとこ悪いけど早く本題よろしく。(春の嵐にまぎれてサンダガ呪文詠唱開始)
【森】いや初詣の帰りにコンビニで甘酒買って飲んで、そのあとの恒例行事の体調不良が未だに尾を引き、なんかもう栄養剤を兼ねて毎日甘酒飲んでる今日この頃サクサク進めるから撃たないで気圧の急変のせいか頭痛が痛いのよ。
【K】東京の最高気温2日連続で20度オーバー、インフルエンザ流行警報が出た矢先。そしてバレンタインデーの翌日から再び冷え込む予報。
【森】感染症には割と強い……が、自爆的体調不良の七転八倒、さらに春先と秋口は鬼門。リア充とりあえずもげておけ。
【K】レシピちゃっかりネタにする、転んでもタダでは起きない森宮さん。……で、実験室って何事?
【森】私の持論は「家庭科=理科」ですクルルさん。米を糖化させる米麹というものは、私の知的好奇心および財布事情を激しく刺激した!
【K】意訳的要約:どこまで米麹ケチって甘酒作れるか調べてみよう!
【森】まあ、そういうコト。近場で比較的安く買えるけど、やっぱり米より高いし。
【K】ちなみに米麹を使った甘酒は、酒粕を使った甘酒より優しい味に仕上がります。牛乳で割って飲むとさらに美味。
【森】甘酒の牛乳割り、平安貴族の飲み物「醍醐」だったそうで。

~基本の作り方~
米1合で全粥を炊き、60度くらいまで冷まして、米麹200gを混ぜて60度前後で10時間ほど保温。

【森】米麹を発酵させる「60度前後で保温」、ググると出てくる「炊飯器のフタを開けて布巾かぶせて~」ってヤツ、
amazake-001.jpg

amazake-002.jpg
……最初はこんなふうにやってましたが、よくよく考えたらウチの炊飯器って60度で保温してくれるモードがあったんで途中から活用。
あと「炊飯器のフタを開けて布巾かぶせて~」という使い方はメーカー保証外になります。おそらくサーモスタットに変な負荷かかるんだと思う。
「炊飯器のフタが完全に閉じないよう箸を挟んで重しを乗せる」あたりはジョイント部分故障の原因に。
【K】つい最近「ティファール電気ケトルで直接うどん作っちゃらめぇっ!」報道あったよね。一般家庭用品アレンジ利用するときは、構造的に大丈夫か一応考えないと。
【森】家庭科=理科。
【K】図工も入ってるね。
【森】片っ端から挙げると話が本気で脱線しまくるレベル。……さて、ちょっと計量単位を揃えておきましょう。



【森】以下、グラムを基本にして話を進めます。

結論:米麹は6倍の米を甘酒に変えられる。

【K】7倍以上は?
【森】余裕で糖化できそうだけど調べる気が失せた。これ以上やると無駄に糖度計が欲しくなる。
【K】その程度で実験室とは片腹痛い!
【森】測定数値に信用性ありそうなヤツ2万円するのよ普段全く使わないアイテムにそこまで出せん!

~5倍と6倍の実験時の作り方~
米を1.5倍の水で炊き、米麹の3倍の水を入れて60度くらいまで冷まし、米麹を混ぜて60度で24時間保温。

【K】保温時間が長くなりましたねー。
【森】舌が頼りだけど、10時間より12時間、12時間より15時間のほうが甘いと感じた。
【K】なんで24時間やったの?
【森】色々うっかり。その後の条件を揃えるために24時間ルート。


↓米麹投入直後
amazake-003.jpg
↓保温1時間後(米麹が水分を吸う)
amazake-004.jpg
↓保温2時間後(米麹、米を糖化させてゆく)
amazake-005.jpg
↓保温3時間後(米麹、米をガンガン糖化させてゆく)
amazake-006.jpg
↓保温12時間後(4倍で作ったときの写真ですが状態ほとんど同じ)
amazake-008.jpg
↓保温24時間後
amazake-007.jpg

【K】……ねぇ。無駄に24時間やるくらいなら、6倍を基本に12倍の調査兼ねて、米麹2段階投入やってみたら?
【森】……今まさにそれ思ったんで、仕込んできた。ちなみに基本の作り方より水の量が少ないのは、同量~1.5倍のお湯や牛乳で割って飲むときの好みの問題です。
【K】仕上げの火入れも濃厚ポイント。
※火入れ=米麹の発酵が不必要に進まないよう80度以上5分加熱。

~6倍&2段階投入の実験用メモ~
米300g 米麹50g(25g+25g)
米を1.5倍(450g)の水で炊き、米麹の3倍(150g)の水を入れて60度くらいまで冷まし、米麹25gを混ぜて60度で9時間保温→さらに米麹25gを混ぜて15時間保温。
ただし、保温3時間の糖化状態が悪ければ実験中止、即座に材料救済対策を取る→残りの米麹25g投入が駄目なら追加50g、これで駄目なら尊い犠牲アキラメロン。

【森】浸水完了、炊飯ボタンぽちっとな。
【K】健闘を祈る。
【森】……じゃ、お手製のラムアイス食べつつ新作の下書きしようっと。
【K】あ、次のペーパーで『森宮家の台所 第3鍋』?
【森】それもあるけどねー。新作の作中でバッツかファリスに作らせてみるのも面白そう。
【K】あはは、森宮さんの作り方って私達の世界でも出動可能なアイテム多いからー☆
【森】あはは、レンジ以外だったら屁理屈こねて出せるってか卵白4個分までなら泡立て器1本でメレンゲ作る根性あるわミキサー買う金も出動頻度もなくて100均万歳コンチクショー!!

2016/02/14(日) 05:32:46
※ここまで


※03/15 追記

【森】6倍&2段階投入の実験用結果:12倍の米を糖化させる能力、一応はある。
【K】……1ヵ月も放置プレイしといて……。で、「一応は」の意味は?
【森】仕上がり、お粥っぽい。あと甘酒として味を楽しむなら4倍まで。
【K】それ5倍以上は糖化が上手くできてない。逆に言えば、4倍までなら糖化不良を起こさないんだから、そっちの線で攻めたら?
【森】うん。次の甘酒マイブーム到来時にやってみる。
【K】意訳的要約、一言でどうぞ。
【森】飽きた。
【K】……まあ、来る日も来る日も甘酒飲んでたら普通に飽きるよね……。
【森】最近の栄養剤はミルクセーキ。あったかいの欲しいときはココア。
【K】ねえ、森宮さん。

とにかくまず、ごはんをちゃんと食べなさい!


【森】……ハイ。
【K】食べて体力つけたら私の出番も小説でよろしく!
【森】あ、ネタなら浮かんでる。結構シリアスかも。つか2月に浮かんだ話。
【K】森宮さんの「シリアス」ってキャラいじめ……嗚呼ついにクルルさんも魔の手にかかるのね……うるうる。
【森】うーん、否定はせんが……『小説版FF5』的に言えば、ロットヴァイルとスルーエの血がひとつに戻ったあとの血統的な話ではあるんだけど、エレン(ガラフの娘)って存在でワンクッション置いちゃってるから……お蔵入りになるかもしんない。
【K】……怒れる空の雷よ牙の如し光の刃
【森】ちょい待てサンダガ待って本編最終章の直前の話が10年以上前から存在してるアレはお蔵入りさせる気ないイメージしっかり膨らませて書きたいのルィスタの行動理由も考えないとマズいし幼女クルルの目に世の中どう見えてたとか色々!
【K】幼女って、ロリホイホイ……?
【森】断じて狙わん。(新シリーズ作ったら面白そうだが)……まあアレ別の意味でシリアス、公式でクルルさんのご両親はいかがなされた?
【K】(カッコ内が地味に気になるけど)グロシアーナの砂に消えちゃったパパ&ママ。
【森】そのあたりの話も含めて。……よって、『黎明記』との兼ね合いあるから、もっと掘り下げないと。
【K】だったら楽しく一発ネタで出番!
【森】破壊工作ネタ特集でも組みますか。
【K】たまには乙女心に響くような路線で! 『丘の上の小さな太陽』を膨らませた感じのとか!
【森】うっ、頭が……記憶喪sh
【K】つまり。ネタが出るまでサンダガ浴びたいと?
【森】部分的にお蔵入りさせて、問題解決クルルさんにお任せ☆ ってヤツいま浮かんだgkbr
【K】じゃ、頑張って書いてね☆
【森】その前に部屋片付けさせて……4月には通販カート再開したいし……さらにその前に体力回復させて……。
【K】森宮さん恒例行事、誕生日に瀕死。
【森】もう開き直ってる。誕生日が低調の底なら、あと上がるだけ。
【K】なんか独自のバイオリズム持ってるよねぇ……ホントに人間?
【森】うーん、少なくとも現代に適応してるバイオリズムじゃないよねぇ。母方の血が濃いみたいだから、岩手内陸北部の原住民先祖返りとか妄想してみる。
【K】それ「日本人はどこから来たのか?」という話に繋がりそう。
【森】うっかり図書館で本の虫になりそう。
【K】うっかり今日の夕食忘れないでね☆(このひと痴呆症?)
【森】……ともあれメシ食って寝るところから始めます。新作ネタ練り直すにしても体力不足。(最後にメシ食ったのいつか時々忘れる)
【K】甘酒実験室の再開は、森宮さんのマイブーム次第ということで。

バレンタインデーの報復はホワイトデーに…
そして今日はジュリアス・シーザーの命日

プロフィール

森宮 裕


Author:森宮 裕
気がつきゃ人生ネタ街道な日々
(何か問題てんこ盛りな感じで)


カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
カテゴリー
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Twitter

同人 同人誌 ノウハウ InDesign 小説